MENU

ストリクスは、不正PPCアフィリエイトサイトを自動検出します。

一般的に、アフィリエイトサイトがリスティング広告を出稿することは禁じられています。しかし、リスティング出稿するアフィリエイターは、たくさんいます。

下記は、不正PPC出稿の例です。
不正PPCアフィリエイトサイトによる商標キーワードへの出稿

この出稿の飛び先ページは、下記のような作りになっています。公式サイトのキャプチャ画像とアフィリエイトリンクを貼っただけの、無価値なサイトです。不正PPCの被害を受けている広告主様は、このような無価値なサイトにアフィリエイト報酬を支払っています。
不正PPCアフィリエイトサイト

ストリクスはこのような不正PPCアフィリエイトサイトを検出し、レポートを出力します。不正の証拠を不正アフィリエイターに突きつけることができるので、広告主企業様は、自信を持って報酬を否認できるようになります。

ストリクスでは、このような不正PPCアフィリエイトサイトを、年間13万回のペースで見つけています。

2018年2月末時点で、契約社7社様を通して、EC約100社様のアフィリエイトプログラムを守っています。

簡単な資料もご用意しております。よろしければ御覧下さい。
ストリクスのご説明_2018年11月20日版

お問合わせはこちらからどうぞ。

お名前 (必須)

会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

もしストリクスを導入するとしたら、時期はいつ頃ですか?

直近で、対面での説明を希望されますか?
希望しない希望する

簡単なQAに関しては、下記Facebookページからメッセージ頂ければチャット形式でご回答します。お気軽にどうぞ。
ストリクスのFacebookページ